ニキビとサヨナラ

イソフラボンでガン予防が出来るというのは本当?

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることが知られており、そのために肌をきれいにしてくれたりバストアップの効果があったり、健康効果としては骨粗しょう症に効果的であったり更年期障害の改善に良いとうふうに言われています。
しかしそれだけではなく、イソフラボンは乳がん・前立腺がん・大腸がんなどになりにくくしてくれるという研究結果が発表されています。

つまり、イソフラボンはがんの予防にも効果的http://xn--eck7bvd2a5dzc.name/と言えるのです。
なぜイソフラボンががんの予防に効果を発揮するのかというと、
http://www.flooved.com/gannyobou.htmlにもかいてあるとおり抗酸化作用や抗腫瘍効果を発揮するからです。

がん細胞というのは健康な人であっても毎日体内で作られているのですが、健康なうちは免疫細胞から攻撃を受けることでそれはなくなってしまいます。
しかし、何らかの原因で免疫力が低下してしまうと小さながん細胞は攻撃されることなく生き残ってがんになっていってしまうのです。
しかし、イソフラボンを取り入れていると、がん細胞が大きく成長していくのを阻害してくれるということが分かっています。
また、イソフラボンはがんだけでなく動脈硬化の予防にも効果的です。
動脈硬化とは、三大成人病として知られている糖尿病や高血圧などが原因で起こるといわれ、最悪の場合は死に至る大変危険な病気ですので、早い段階から予防することが大切です。

イソフラボンは日本人の昔ながらの食生活を行うことで無理なく取り入れることができる成分ですから、自然とがん予防に取り組むことができるでしょう。
サプリメントで摂取している方にとくに注意してほしいのですが、早く効果を実感したいからと摂取量を守らず過剰摂取するのは大変危険なのでやめましょう。
イソフラボンの過剰摂取はリスクを伴う可能性があるので、注意が必要です。
こちらのhttp://galgame.jp/anime.htmlに摂取量目安が載っています。
参考にしてください。

▼乳がん予防についてはこちら

このページの先頭へ