ニキビとサヨナラ

骨の健康維持にイソフラボンは欠かせない

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを体内でしてくれるということが分かっています。
女性ホルモンは非常に多くの働きをしていることが分かっているのですが、その中の1つに骨からのカルシウムの流出を抑えるというものがあります。

骨を丈夫にするためにはカルシウムを!というイメージがありますが、単にカルシウムをとっているというだけではいけません。
なぜなら、カルシウムというのは吸収率があまり良くなく、栄養バランスに気をつけて取り入れていたとしても不足してしまいがちなものだからです。
そこでカルシウムの摂取と同時に大切になってくるのがカルシウムの流出を抑えることなのです。

体内で女性ホルモンが少なくなってしまうと、カルシウムはどんどん流出してしまいます。
そのため、閉経を迎えた女性の骨粗しょう症はとても多いのです。
そこで、意識的にイソフラボンを取り入れるような食生活を心がけたり、イソフラボンのサプリメントを取り入れたりすることが、骨からカルシウムの流出を防ぐことにつながります。

イソフラボンを取り入れることで今より骨が強くなるということはありませんが、イソフラボンは今よりも骨がスカスカになっていってしまうのを避け、骨の強度を保ってくれるという働きがあるのです。
イソフラボンは和食中心の食生活を送ることで自然と摂れる成分なので、普段の食生活を和食中心にしていくように心がけましょう。

このページの先頭へ