ニキビとサヨナラ

イソフラボンは女性ホルモンと変わらない効果がある

イソフラボンは取り入れることで更年期障害の症状を改善したり生理不順を正常に戻したり生理痛を軽減させたりする効果があると言われています。
また、イソフラボンはバストアップ効果もあるということで、多くのバストアップサプリメントに含まれています。
なぜこのようなことが可能なのかというと、イソフラボンとは体内で女性ホルモンと同じような働きをするということが分かっているからです。
そのため、女性ホルモンの不足によって引き起こされていると考えられる数々の症状に有効に働くのです。

しかし、その反面、過剰に摂取してしまうことはホルモンの乱れを誘発して逆に体調を崩してしまうということにつながりかねません。
特にサプリメントでイソフラボンを取り入れるという人が増えた昨今では、この過剰摂取ということが問題になることが多くあります。

通常の食事のなかで大豆や大豆製品などからイソフラボンを取り入れている場合には、多少多目にイソフラボンを取り入れてしまったとしても自然と排出されていると言われています。
しかし、サプリメントなどの場合にはそうはいかず、過剰に取り入れたイソフラボンはホルモンバランスの乱れにつながってしまい、がんなどの発生率を引き上げる結果にもなってしまうことが分かっています。

イソフラボンは女性ホルモンととてもよく似た働きをしますので、適正に取り入れていればプラスに働きますが、過剰になってしまうと逆効果になってしまうのです。
1日の適正摂取量はhttp://ichibangai.jp/tek.htmlに載っていますのでご覧ください。

このページの先頭へ