ニキビとサヨナラ

国産の大豆から作成されるイソフラボンとはどのような物?

せっかく健康や美容のためにと考えてイソフラボンを取り入れようとするのであれば、国産大豆を原料にして作られた大豆製品やサプリメントを取り入れるのが良いでしょう。
なぜなら、国産大豆は輸入大豆と比較して農薬が使われる量が少ないからです。

また、遺伝子組み換え大豆というようなことも健康を考える人の間では時折話題になることですが、そうした大豆も国産のものであれば心配がありません。
もちろん輸入大豆であっても残留農薬の検査はされているのでしょうし、遺伝子組み換えのものであればその表記があるはずですから分かるようにはなっているはずです。
しかし、少しでも健康に良いものをと考えてイソフラボンを取り入れたいのであれば、やはり国産品が一番良いと言えます。

また、大豆の品種としても、国内で作られている大豆の方が豆腐や納豆などの加工品には向いています。
そのため、よりおいしく毎日食べるためにも、やはり国産大豆を使用したものの方が良いと言えるのです。

日本は昔から納豆や豆腐・味噌・豆乳などの大豆製品を食べるという習慣があります。
その歴史の中で培ってきた技術や味わいは、やはり国産大豆によって作られるものであるといえるでしょう。

このページの先頭へ