ニキビとサヨナラ

骨粗鬆症にイソフラボンは効力があるの?

イソフラボンの代表的な働きの1つに骨粗しょう症の予防ということがあげられます。
骨粗しょう症というと関係があるのはカルシウムと考えてしまいがちです。
確かにカルシウムの摂取ということもとても大切なのですが、カルシウムは吸収されづらく、それだけでは不十分です。

そこで役立つのがイソフラボンです。
骨粗しょう症は骨からカルシウムが流出することで引き起こされる病気なのですが、実は女性ホルモンが減少してくるとどんどんカルシウムの流出が進んでしまうということが分かっています。
ですから、体内で女性ホルモンと同じ働きをしてくれるイソフラボンを取り入れることは骨粗しょう症の予防につながるのです。

骨粗しょう症のこわいところは、かなりの程度進行していたとしても本人に全く自覚症状が起こらないということです。
そのため、何かで骨折した際に骨粗しょう症になっているということが判明するというパターンがほとんどなのです。
そしてそうした時には既に治療も難しいということが多いので、結局様子を見るということになってしまいます。

閉経後のホルモンバランスの変化などとの関係により、骨粗しょう症は特に女性に多い病気です。
そのため、女性はイソフラボンを利用してその予防に取り組むべきでしょう。

このページの先頭へ