ニキビとサヨナラ

更年期障害にはイソフラボンが効果的

更年期障害という症状があります。
これはホルモンのバランスが急激に崩れることで引き起こされる不調というように言われています。
そのため、更年期障害に伴う様々な不快な症状を緩和していくためには、女性ホルモンの働きをするような成分をプラスしてあげれば良いということになります。

そこで注目したいのがイソフラボンです。
イソフラボンは体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで知られています。
そのため、女性ホルモン不足で更年期障害などの症状が出てしまっている場合には、その症状を緩和してくれると考えられているわけです。
イソフラボンが更年期障害にもたらす効果についてはこちらにも詳しくかかれていますのでご覧ください。

そんなイソフラボンを摂取するためには、大豆製品が欠かせません。
豆乳・納豆・味噌など、昔からの和食に使われている大豆が原料となっている食材にはイソフラボンがとても豊富に含まれています。
他にはもやしやプエラリアにもイソフラボンは含まれているそうです。
こうした食材は毎日食べ続けるということもそれほど苦にならないはずですから、とても取り入れやすいと思います。
また、イソフラボンたっぷりの大豆製品を使ったおいしい料理レシピはたくさんありますので、
毎日食べ続けても飽きないでしょう。
もしも大豆や大豆製品が苦手という場合には、サプリメントを利用するという方法もあります。

ただし、サプリメントで取り入れるという場合には、一日のイソフラボン摂取量の上限をきちんと守って飲むようにしましょう。
イソフラボンは過剰摂取による不具合が報告されているからです。

このページの先頭へ