ニキビとサヨナラ

妊婦に対して大豆イソフラボンは大丈夫?

イソフラボンは美容や健康のために良いというふうに言われていますので、積極的に取り入れていきたいと考えている人も多い成分のはずです。
中には妊娠中だからこそイソフラボンを取り入れていきたい!と考えている人もいるかもしれません。
しかし、もしも妊娠中の場合には、通常の食事以外でイソフラボンを特別にとる必要性は無いというふうに考えられています。

もちろん日常の食生活の中で、豆腐や納豆・味噌などイソフラボンを含む食品を食べるということは、過度の偏食になっていない限りは問題がありません。
しかし、それに加えてサプリメントなどでイソフラボンを補うということは、妊娠中には推奨されないというのです。

そもそもイソフラボンは大切な成分ではありますが過剰摂取は逆に健康に害を及ぼすということで、サプリメントなどでの摂取にはとても気をつけなければいけないと言われています。
特に妊娠中の場合には、イソフラボンをサプリメントで取り入れることで特別な利点があると認められなかったため、日常の食事以外に追加で取り入れる必要は無いというふうに結論づけられているのです。
そのため、妊娠中は大豆製品をバランスよく取り入れた食事でイソフラボンを摂取するというのがベストでしょう。

このページの先頭へ