ニキビとサヨナラ

イソフラボンは子宮内膜症に効力はあるの?

子宮内膜症という病気があります。
自覚症状としてあげられるのは生理痛の時の痛みなどですが、これを軽視して放置してしまうと不妊の原因にもなってしまう重大な病気です。
しかも生理のある女性であれば誰もが発症する可能性があるのです。

イソフラボンは女性の健康のために良い成分として知られていますが、子宮内膜症に関して言えば、その過剰摂取により発症してしまう可能性があるということが分かっています。
とはいっても、通常の食事の中で豆腐や納豆を食べているという程度であれば何ら問題にはなりません。
子宮内膜症のリスクが高まるのはサプリメントでの摂取が目安量を越えた場合です。

イソフラボンは美肌やダイエット・健康維持などに良い成分として知られるようになったので、サプリメントを取り入れているという人も少なく無いでしょう。
しかし、サプリメントを利用するときには、必ず1日の摂取目安量を越えないようにサプリメントの目安量を確認して取り入れることが大切です。

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする成分ですが、その働き故に過剰摂取によってホルモンバランスに乱れが生じてしまうということがあるのです。
適正な範囲で正しく摂取していくことが大切です。

このページの先頭へ