ニキビとサヨナラ

イソフラボンを摂りすぎるとどのような事が起こるの?

イソフラボンは美容や健康に良い成分として知られています。
良い成分ならできるだけ多くとった方が良いのではないか?と考えてしまいますが、実はそれは違います。
なぜなら、イソフラボンは過剰摂取してしまうと逆効果になってしまうことが分かっているからです。

例えばイソフラボンはがんの予防に効果的と言われていますが、過剰摂取すると逆にがんのリスクが高まることが分かっています。
また、生理のある女性なら誰でもなる可能性のある子宮内膜症についても、過剰摂取によってリスクが高まることが分かっているのです。

こうした過剰摂取による悪影響は、通常の食事の中で大豆や大豆製品を食べるというような場合にはほとんど問題になりません。
問題になってくるのは、サプリメントなどを取り過ぎてしまったというようなケースです。

近年、イソフラボンは美容や健康のために注目されたため、サプリメントも多く販売されています。
そしてその摂取上限を越えて摂取してしまったがばかりに、マイナスの働きが表れてしまうということが考えられるのです。

イソフラボンは良い働きをするものですが、取り入れ方を気をつけなければ思わぬ病気の原因になってしまう可能性があるのです。

このページの先頭へ